目のトラブル・眼精疲労にオススメの目薬

目薬をつける際に気を付けること

眼精疲労になったと思ったら、市販の目薬をドラッグストアーから買ってつけますが、実は、その前に目薬の効果的な使い方としては、目薬をさした後は、成分が浸み渡るまで、3分~5分程度、目を閉じたままにするが良いです。さらに付け加えるなら、点眼した直後は目頭を押さえて涙道に流れ出無いようにすることです。

それから、どんなに良い目薬でも効果的に使わないと、効き目は半減しますので、目薬をさした後は、目をパチパチしないようにすることです。理由は、目薬の成分が涙道に流れ出てしまうからです。目薬は1回につき1滴で十分ですので、2滴目は溢れる場合が殆どですから無駄になるばかりです。

気になるのが、市販の目薬と眼科で処方される目薬ではどう違うかですが、市販も処方薬もそれぞれ100種類以上ありますので、効果的な目薬を述べるのは簡単ではありませんが、一般的にいえることは、市販薬は副作用が出にくい有効成分で出来ているのに対し、眼科処方薬は有効成分の濃度も高いので、症状や病態に合ったものを選んで処方されます。

眼精疲労によい、おすすめの市販目薬

市販の目薬も実は100種類ぐらいあるのですが、眼底疲労に限ってみた目薬としては、有名なのはR社とS社です。各社とも、様々な成分がブレンドされているため、濃度は薄く作用もマイルドですので、症状が軽ければ市販の目薬を利用するのもよいと思います。

R社ですが、ネオスチグミンチル硫酸塩や、ビタミンB6と中心にした、目のピント調節機能を回復したり、目の疲れを改善する成分を中心に、その他に11種の有効成分をバランスよく配合された目薬になっておりますし、S社に置いては、ネオスチグミンミチル硫酸塩やビタミンB12を中心とした、目のピント調節機能を回復し、毛様体筋の働きを活発にして目の疲れを改善する成分を中心に、10種類の有効成分が配合されております。尚、市販の目薬で改善が見られない場合には、早めに眼科を受診しましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月29日

on7aka6ga1su8it3a (10:53) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:眼精疲労の対策・予防

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.waterskiindia.com/WP/mt-tb.cgi/4

コメントする




« 眼精疲労防止レンズがオススメ | ホーム

このページの先頭へ