眼精疲労防止レンズがオススメ

一晩寝で目の疲れが取れないのは原因がある

私達が普段生活をしていて、大抵の人であれば、疲れ目は一晩寝ると症状が無くなりますが、一晩寝ても症状が消えない場合には、たかが疲れ目と放置して油断をしていると、眼精疲労へと悪化する場合があります。

これは症状が進んできますと、目の疲れだけでは収まらなくなり、肩こり・頭痛・吐き気・めまいなどを引き起こす原因にもなります。

簡単な療法は、眼球や眼球周囲を温めることにより、血液の流れをよくし筋肉を柔らかくしてくれるのですが、最近では眼精疲労防止めがねという便利なものが出てますので、これを使うことで、VDT症候群、疲れ目、眼精疲労をかなり予防することがでるようになりました。

昔は疲れ目を予防する方法は、睡眠と血行促進で疲れ目は翌日には直ったのですが、眼精疲労予防レンズを使うことで、疲れを軽減できるようになったのです。

実は、目には毛様体筋・虹彩の筋肉・外眼筋の3つの筋肉があり、この筋肉が正しいピントで物を見るのに作用しているのです。

眼にやさしい光だけを届ける

そこでこのピントを合わせる3つの筋肉の疲労を調節するには、めがねの度数を弱めるタイプにより、目の調節疲労を軽減する効果があるのです。

眼精疲労予防用レンズは、レンズ下方の度数を少し弱めて、近くを見ることが楽になるように設計されているのです。

レンズを上下に分け、遠と近くを見るゾーンに分けて、目に優しく作用をするようにすることで、パソコンの画面を見る時などは、度数を弱めた近くを見るゾーンを使うと目の負担を軽減し、疲れ目を起きにくくしているのです。

勿論、度数の強弱だけではありません。

眼精疲労予防用レンズはレンズに特殊なコーティングを施してありますので、眼にやさしい光だけを届け利用に作られております。

サングラスのような色は付いてませんので、無色レンズでありながら光のまぶしさを和らげてくれますし、紫外線をカットし眼を守ってもくれます。

その他にも、電磁波防止をすることで目を守ることが分ってますので、眼精疲労予防メガネには用途にわけて使い分けが出来る各種メガネが用意されておりますので、評判はも良いようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月25日

on7aka6ga1su8it3a (09:50) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:眼精疲労の対策・予防

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.waterskiindia.com/WP/mt-tb.cgi/3

コメントする




« まぶたが重い・目が開きづらい時は? | ホーム | 目のトラブル・眼精疲労にオススメの目薬 »

このページの先頭へ